忍者ブログ
三井ホームで家を建てました。 ここではその家を柔らかな暖かいイメージで『もふほーむ』と名付け、そこに住み・集う人々の平和的日常を書いていきたいと思います。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




乾燥中のウコンですが・・・


実はもう4日前ぐらいには粉砕しても良い位にパリッパリに乾燥していました。


しかしあまりに日光に当てた時間が少なかったので、


せめて最後に太陽に当ててあげたくて今日までキッチンの片隅でひっそりと存在していたウコン。



ukonkansou.jpg

こちらをフードプロセッサーで粉砕していきます。


ukonhunsai.jpg

ハンドサイズのプロセッサーが大活躍です。


粉ウコンを作る作業は皮を剥き、スライスする作業が面倒だっただけで


その後は割りと簡単でした。


ukonkansei.jpg

   完成♪


まっ黄色です。



さぁ・・・効き目はどうでしょう?楽しみです。



今回、作成してみて今後気をつけなくてはいけない点。


とにかく色が付く。


今回、まな板の真ん中が黄色くなってしまいましたし、


フードプロセッサーも黄色くなってしまいました。



今、ハイターに付け込んでいますが・・・若干色が薄くなったぐらいで落ちる気配がありません。


よくよく考えてみるとカレーも衣服に付けてしまうと色が落ちませんが、


ウコン(ターメリック)のせいなのかもしれないですね。
PR


今日は良い天気だったので早速、昨日のウコンを干しました。



hoshiukon.jpg

たった一日ですが結構乾いてきています。


これならネットで見た7~9日よりも早く出来上がりそうな気がします。



ukonup.jpg


こんな感じです。


油を使わないポテチ・・・もしくは干し芋の薄皮みたいです。




冬場はハエが飛んでいないので嬉しいですね。


里山は自然が残っているのが良い点でもあり、


虫の苦手なはるりのような人間にはちょっと困るときもあります。



1つはハエが多いこと。


窓を開放していると家の中にバンバン入ってきます。


「お前達も三井ホームが好きなのか!」


いや、これは冗談ですが(笑)




しかし虫が苦手でも楽しかった事もあります。


引っ越してすぐに畑作業していると『おけら』を見つけました。


あの虫のおけらです。


手で持ち上げると一生懸命に前足で逃げようと慌てる様が可愛く、


おけらを見るのなんて初めてに近かったので感動しながら畑の土に戻しました。


その後、インターネットでおけらが作物の根をかじる害虫であることを知るわけなのですが、


おけらが居る場所というのは自然豊かな場所と聞き、


「まぁいいか♪」と思った次第です。




そんな取り止めの無いことを考えながら


刻々と干されていくウコンと一緒に、暫しの日向ぼっこでした。



遅ましておめでとうございます。


今年も宜しくお願いいたします。


2010年始まりました。


主婦のはるりとしては年末年始のゴミが全て捨て終わるとお正月も終わった気持ちになります。


今年は計画的に買い物をしたのであまりゴミが溜まらなかったのですが、


とは言え、我が家の年末年始はたくさんの来客があるので


可燃ゴミ

プラスチックゴミ

瓶・缶・ペットボトルはビニール袋に山のように溜まります。


しかし有り難いことでアパート住まいの時は恥ずかしながらもベランダなどに山積みしていたそれらは

今は外の倉庫においておけるので安心です。


休みボケと一緒に今日で全部のゴミが回収されていきました。




さて、年末に中途半端にして年を越してしまったのがあるので


今日は今年最初の大掛かりな作業に取り掛かりました。


それは『ウコン粉末作成作業』です。



昨年、りぅの同僚から頂いたウコンを収穫したまでは良かったのですが


慌しい年末進行にかまけて、まったくの手付かず。


流石に手を付けなければと、本日、手探りでの『ウコン粉末』手作りします。



昨年、種ウコンと一緒に頂いたのはコチラ。

ukonkona.jpg

昨年は大変にお世話になりました(ふかぶか)


何か科学的なやばいものが(失礼)入っているのではないかと思うほどに


こうかてきめんなこのウコン粉。


収穫したウコンを


洗い・スライスして・天日干しにし・砕いたら、こうなるのだそうです



・・・・・・・・・・・・・・。




・・・・・・・・・・・・・・。




こうなるのだそうです(笑)




文章にすると一文ですが、エライ手間が掛かります。



まずは大変な作業はおいておいて


来年用に種芋(というのかな?)を分けて箱に詰めておきます。



ネットで調べると寒さに弱く、暖地なら土の中に埋めて越冬できるようですが、


我が家は南国鹿児島の中でも標高が高く、土の中に埋めての越冬にはやや不安。


他に調べてみると土がついた状態で箱詰め、


土が乾燥したら適度に湿気を与えて、家の温かいところに置いておくのも良いようで、


こちらを採用しました。


taneukon.jpg

さて・・・ちゃんと越冬できるでしょうか。


ドキドキします。



種ウコンを取り分けたら残りのウコンをたわしで洗い、皮を剥き、スライサーでスライスしていきます。


小さい部分とか意外と手が掛かりますが、


今年の肝臓はこの作業に掛かっていると思い頑張ることに。



しばらく地味で孤独な作業を続け・・・


b7909ad4.jpg

取り敢えず大きなザルいっぱいに敷き詰めました♪


後は乾燥です。


こちらもまたネットで調べると7~9日間掛かるようです。


今日から一週間、鹿児島の天気予報は芳しくありませんが、


最終日付近できっちりお天道様の光に当てることが出来たら問題ないと書いてあったので


暫くは室内で日当たりの比較的良い場所での天日干しになりそうです。


さあ、頂いたような綺麗な『粉ウコン』になるでしょうか?


楽しみです。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/16 はるり]
[09/03 optimist]
[05/20 はるり]
[05/19 み~な]
[05/18 はるり]
プロフィール
HN:
はるり
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 『もふほーむ』での平和的日常 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]